© 千夜物語 占い師BLOG All rights reserved.

まさかのトランプ大統領!? 占い的には? < Part.1 >

今回のアメリカ大統領選挙、

世界中の誰もが驚いたトランプ氏の、まさかの勝利!?、

本当に驚きました。

 

私は、実はヒラリー氏を応援していました。

でも、応援していたというよりは、

差別主義者のトランプ氏は絶対にダメだ!と、

ずっと思っていたからで、特にヒラリー氏が好きだという訳ではありません。

 

それまでの3回の直接対決のディベートでも、ヒラリー氏の圧勝と、

それぞれの支持率の結果から、ヒラリー氏の勝利を私は確信しておりました。

 

ところが、突然FBI長官が、

投票直前になってのヒラリー氏のメール問題の再調査を行うと表明しました。

一体、この期に及んでどうして?と、多くの人が感じたと思います。

それで、トランプ氏側は勢いを復活させました。

 

しかしながら、

またもやメール問題は先の結果通りという結論が出て、

では、あれは何だったのか?選挙妨害ではないのか?という話になりました。

 

それでも、支持率では、

僅かにヒラリー氏が上回っていたので、

一応は安心していました。

 

また、私は、アメリカ国民の良識をその時は信じていました。

 

でも、念のためにと、

投票直前の11月4日に占ってみたところ、

まさかの結果!?が出て、私はあ然としました。

 

なんとヒラリー氏は、地山謙(ちざんけん)の初爻で、

トランプ氏は、天雷无妄(てんらいむぼう)の五爻でした。

 

一般的に易では、

これらの選挙占や勝負占では、強い卦が勝つとされています。

 

また、爻は、

初爻や二爻よりも五爻に近い方が、より強いと解釈します。

そうしますと、

ヒラリー氏の地山謙は、謙遜の謙で、如何にも弱い感じがします。

 

それでも、

まだ爻が五爻を示していれば、

勝ち目はあると判断しますが、

実際には初爻です。

 

どんなに強い卦が出ても、

初爻では弱過ぎで、普通は勝てない!負ける!と判断します。

 

一方、

トランプ氏は、

天雷无妄の五爻です。

 

爻だけでいえば、五爻を得ているので、

これだけでも強い!と、判断します。

 

そして、得卦は天雷无妄で、

この卦は無欲になって、成り行きに任せなさい、

 

そうすれば何事も順調に行くでしょう!?

という卦で、そんなに強い卦ではありません。

 

でも、地山謙の初爻と比べると、

天雷无妄の五爻の方が強いと判断します。

 

実は、

この無欲というのが大事で、

己の欲だけでこうしたいとか、

こうなりたいというのはタブーで、

欲が強いと災難に合うかもしれない?という可能性も秘めています。

 

私は、あのトランプ氏が、

私欲ではなく無欲でアメリカ国民のためにだけに、

大統領になりたがっているとは、とても信じられません。

 

それから、

天雷无妄の「成り行きに任せなさい・・・」とは、

それは神の意思、

すなわち「天命」だからという意味があります。

ということは、トランプ氏の大統領当選は神の天命であることになります。

 

私は、そんな馬鹿な!?と、

それを信じたくはありませんでした。

 

それで、

再筮になるので本当はいけないことですが、

投票日の当日の11月8日に

もう一度占ってみました。

 

すると、今度は、

ヒラリー氏は、坎為水(かんいすい)の三爻で、

トランプ氏は、火雷噬嗑(からいぜいごう)の上爻が出ました。

 

私は、それを見て、

ああもうダメだ!?と絶望しました。

 

何故なら、

坎為水大凶の卦で、

爻に関わらず絶対に負ける!?と、判断します。

 

一方のトランプ氏の火雷噬嗑の上爻は、

上爻は五爻の上でも、

無位の爻といわれていて、

力は弱いのですが、

得卦の火雷噬嗑は、

四爻の困難を噛み砕いていくという強さを暗示した卦で、

勝負占では、爻にもよりますが、

大抵は勝てる!?と判断します。

 

このように、

私の占い的には、

トランプ氏の勝利を示唆していました。

 

それでも、

私はヒラリー氏の当選を願っていました。

 

私は、11月9日の開票速報をCNNの生中継で、ずっと見守っていました。

そして、当初は、順調にヒラリー氏が先行していました。

 

ところが、

オハイオ州やフロリダ州をトランプ氏が制するに及んで、

形勢は全く逆転してしまいました。

 

そして、

なんとトランプ氏がヒラリー氏に圧勝してしまいました。

 

私は、

占いの結果が当たっていた!ということよりも、

その現実に打ちのめされました。

 

正に、事実は小説より奇なり!です。

 

これからのアメリカはどうなってしまうの?

世界はどうなってしまうの?

日本はどうなってしまうの?

という心配で一杯でした。

 

そして、今年の6月23日、

イギリスのEU離脱の国民投票の時も、

私は離脱してほしくない、

イギリス国民は、良識がある人々ならば、

まさか離脱を選ぶことはないだろう?

と思っていました。

 

でも、結果はまさかの離脱でした。

 

この時も、

それを事前に占っていまして、

残留派が、天山遯(てんざんとん)の初爻で、

離脱派は、乾為天(けんいてん)の五爻と出ました。

 

これは、

明らかに、乾為天の方が断然強く、

爻も五爻を得ていて、離脱派が絶対に勝つ!?

ということを示唆していました。

 

それでも、まさか?まさか?・・・と、

今回同様それを信じたくはありませんでした。

 

でも、

結果は皆さんご存知のとおり離脱に決定しました。

 

その後、

それを後悔する人々が続出し、

ブレグジットなる言葉も生まれました。

 

アメリカ国民は、

対岸のそれを見ていたので、

よもやイギリスの二の前になるとは、

それを選択するとは、私は思いもよりませんでした。

 

イギリスのブレグジットのように、

アメリカ国民の多くも、

いずれトランプ氏に投票したことを後悔することになるのでしょうか?

 

しかしながら、

最近のトランプ氏は、

当選後は、選挙戦の時とは打って変わって、

それまでの暴言はなく非常に紳士的?になっています。

 

でも、でも・・・???です。

 

このように、

易神のご託宣は絶対だ!と常日頃言っていながら、

個人的には、それを信じたくない!という、

人間の脆さを恥ずかしながら露呈してしまいました。

 

これらの結果を踏まえて、

改めて易紳の凄さを思い知って敬服する限りです。

 

そして、

これらの一連の出来事が、

「塞翁が馬」<注釈1>となって、

やはりこれは必然的なことだったのだ!

という結果になることを心から祈っています。

 

次回は、

Part2で今後のトランプ氏について占ってみたいと思っています。

 

また、

世界は良くなっていくのかどうか?

日本との関係はどうなるのか?などを、

占い的にはどう見るか?について書いてみたいと思います。

 

 

 

 

<注釈1>

「塞翁が馬」の詳しい説明は以下URLをご参照ください。
https://mizote.info/image/02profile/30kaisetu_jinkan.html

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

占いは多数決ではありません!Part.2 <相性とは?>

前回に続いて、占いは決して多数決ではない例をお話したいと思います。 今回は、お店のお客さまではなく、私の個人的な友…

201610/5

ラジオに出演します

縁あって、 FM ななみ(77. 3MH z )に出演させて頂くことになりました。 MC のビッグママさんと一緒に対談を致します。 占…

占いは多数決ではありません! < Part.1 >

     皆さん、 占いは良いことしか信じないわ! と言う人が多いと思います。 でも、果たして本当にそれで良いのでし…

事実は小説より奇なり!

今回は、事実は私たちの想像を超えるような出来事があるんだ! というお話しをしてみたいと思います。 とても古い…

活断(かつだん)とは?

占いは机上の空論?では意味がありません。 お客様の現実の問題に即して、 如何に実際に役に立つアドバイスができるか!?が本…

ページ上部へ戻る